スポンサーリンク


ドラマ

山田純大(半沢直樹のタブレット福山)の父はなんとアノ人!妻(嫁)も美人でしかも作家デビューもした多彩な俳優!

ドラマ半沢直樹、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ぶりで、歴史的なドラマであることは間違いないですね。

人気作入りのきっかけとなった第1期で強烈な印象を残した”タブレット福山”こと山田純大さんがなんと第2期にも登場!

山田純大さんの父親がなんとびっくり、あの方です!

また、山田純大さんの妻(嫁)もまた綺麗な方で、某有名作品で共演したことがきっかけだったとか。

しかも山田純大さんは作家としてもデビューしており、しかも作品が一風変わったノンフィクションものときており、華々しい多才ぶりを見せています。

今回は、才能あふれる俳優、山田純大さんに注目です!

山田純大とは?半沢直樹のタブレット福山が面白すぎ!

山田純大(やまだじゅんだい)さんは1973年2月14日生まれ、東京都出身です。

思春期をハワイで過ごし、大学もアメリカ・カリフォルニア州にあるペパーダイン大学へと進みます。

このペパーダイン大学は私立大学で、裕福な家庭の子息が多く通っている大学のようで、山田純大さんも実家の大きな支援があったのではないでしょうか。

このような境遇ですので、英語はペラペラであることは間違いありません。

 

大学卒業後の1997年、24歳で日本へ移住し、役者の道へ進みます。

NHK連続テレビ小説「あぐり」で、田中美里さん演じる”あぐり”の長男を演じて役者デビューという、華々しいスタートでした。

大河ドラマにも出演しており、「毛利元就」では山中鹿之助、他にも「江」「西郷どん」で好演しました。

時代劇モノへの出演が多く、「水戸黄門」の格さんを筆頭に、江戸時代を舞台にした数多くの作品に出演しています。

 

そして2013年に放映したドラマ「半沢直樹」で”タブレット福山”こと、福山次長(福山啓次郎)を演じました。


出典:TBS

 

タブレット福山”こと福山次長は、半沢直樹(第一期)で、金融庁検査を乗り切るために役員たちの前で模擬面談をしたのでした。

伊勢島ホテルの羽根専務が出した2百億円もの損失を受け、東京中央銀行としても1千5百億円もの引当金を計上しなければならず、もしそうなれば銀行は多大な損失を被ることとなってしまいます。

金融庁から指摘を受けないよう、半沢は伊勢島ホテル・湯浅社長による経営再建策を主張する一方、それを邪魔する大和田常務側はこの福山次長を使って湯浅社長を引き摺り下ろし、お互いに甘い汁を吸う羽根専務を社長にしようと画策していました。

タブレットをいじりながら経営データを並べたて、湯浅社長に無能経営者のレッテルを貼る福山次長に対し、半沢は「あなたは羽根専務や湯浅社長に会ったことがあるのか?」と問います。


出典:TBS

 

大和田常務の子飼い・岸川部長から命じられたばかりからか、数字を見るばかりで伊勢島ホテルの経営者とは実際に会ったことがない福山次長、半沢に問われてタブレットをいじりながらオロオロします…。

 

半沢「こっちを見ろ!!!!!」


出典:TBS

 

福山「びくっううううううううっっっ」


出典:TBS

 

最後にはボロ負けして大和田常務に睨まれションボリ…。


出典:TBS

 

山田純大さん演じる、こんなキュートな福山次長が、なんと半沢直樹第2期でも登場です!

大和田常務没落、岸川部長出向となり、拠り所を失った福山さん、次長ではなく昇進した姿を見せてくれるのでしょうか??

なんとも楽しみな再登場に心が躍ります!

山田純大の父親はあの大御所歌手!

山田純大さんの父親ですが、なんとあの大御所歌手・杉良太郎さんなんです!

杉良太郎(すぎりょうたろう)さんは、現在の奥さんは演歌歌手の伍代夏子さんですが、山田純大さんは杉良太郎さんの先妻との間に生まれた息子さんです。

杉良太郎さんの先妻は信子さんという方で、1972年に結婚して翌年に山田純大さんが生まれ、ほかに2人の娘ももうけましたが、26年後の1998年に離婚してしまいます。

そして離婚から間もない1999年に伍代夏子さんと再婚しています。

杉良太郎さんは「水戸黄門」の初代助さん、「遠山の金さん」でも主役を張るなど、時代劇では欠かせない存在です。

 

また杉良太郎さんと言えば、ベトナムに長年慈善活動をしていたり、阪神大震災や東日本大震災など災害時には迅速に支援をしたりと、社会的活動が評価されている方で、芸能界においても重鎮中の重鎮とも言える方です。

父親が偉大過ぎると息子としてはやりにくいかもしれませんが、山田純大さんも父親に負けずと劣らず、江戸時代のみならず東京中央銀行でも活躍しています!

山田純大の妻(嫁)が美人でウラヤましい!作家デビューも?

山田純大さんは2016年に結婚しており、お相手は「水戸黄門」で共演した4歳と年下の田京恵(たきょうけい)さんです。


出典:twitter

 

田京恵さんは子役として幼いころから役者の道を歩んでおり、ドラマやCMで活躍しておりましたが、中でも「水戸黄門」におけるマドンナ役での出演が度々ありました。

杉良太郎さんと山田純大さん、そして田京恵さんと、すべては「水戸黄門」で繋がっているのです!!

 

いかにも優しそうで美人なお嫁さんが来てくれて、父親としても杉良太郎さんはほっとしたそうですが、2人は結婚するまでなんと16年もの付き合いをしていたのです!

その間に別れたり、よりを戻したり、悲喜こもごもあったみたいですが、無事にゴールイン出来て良かったです!

半沢にクビは絞められても、妻には絞められないよう気を付けてほしいですね(笑)


出典:TBS

 

少し話はそれますが、山田純大さんは2013年に作家デビューをしているんですね。

しかも「命のビザを繋いだ男 — 小辻節三とユダヤ難民」というノンフィクションの作品です。

よほど感銘を受けたのでしょうか、珍しい題材を選ばれたなと思います。

 

結婚した2016年末には女の子も誕生し、これからの仕事にも精が出ますね!

ぜひ半沢直樹第二期にも期待します!

 

まとめ

今回は山田純大さんについて紹介しました。

半沢直樹大ヒットですし、第一期・第二期ともに出演した珍しい脇役(?)ですので、この巡りあわせを今後に活かしてもらいたいと思います!

・山田純大さんは1973年生まれ、東京都出身

・ハワイの中学・高校を卒業し、アメリカ・カリフォルニア州のペパーダイン大学を卒業後、日本で役者デビューを果たす。

・ドラマ半沢直樹で”タブレット福山”こと福山次長を好演して強烈な印象を残す

・父親は大御所歌手の杉良太郎さん

・2016年に水戸黄門で共演した女優・田京恵さんと結婚し、同年末に女児が誕生

バックが強力で、演技の実力もあり英語も堪能、今後も幅広い活躍をしてくれそうです!

こちらの記事もよく読まれています
error: Content is protected !!