松本七海(酪農ガール)の高校や片倉牧場(平塚市)はどこ?濃厚牛乳ジェラートとは?【ごはんジャパン】

松本七海

ボンビーガールごはんジャパンにも登場した酪農ガール松本七海(まつもとななみ)さん。

牧場で働く松本七海さんは、どんな高校を卒業し、現在どこの牧場で働いているのか、気になりますよね!

何やら片倉牧場というところみたいなのですが、牧場といえば、私は行くと必ずソフトクリームが食べたくなるのですが、松本七海さんが働いている牧場にもしぼりたて牛乳やソフトクリーム、ジェラートなどはあるのでしょうか。

とてもかわいい酪農ガール、松本七海さん、そして松本七海さんが働いている牧場も併せて紹介します。

スポンサーリンク

松本七海(酪農ガール)とは?高校はどこ?

松本七海(まつもとななみ)さんは1998年生まれ、2021年3月現在で22歳です。

松本七海さんは酪農業界専門誌の表紙を飾る、酪農ガールなんです。

松本七海
出典:DAIRYMAN

 

日本テレビ系列で放送中のバラエティ番組「幸せ!ボンビーガール」で、植松晃士さんとクロちゃんが噂のボンビーガールに会いに行くという企画の初回に登場しました。

お2人はとある雑誌のカバーガールに会いに行くという目的で牧場に向かいました。

そこで出会ったのが松本七海さんだったのです。

 

カバーガールとは、雑誌の表紙をカバーした女性のことです。

松本七海さんはどんな雑誌の表紙を飾ったのでしょうか。

 

調べてみたら「DAIRYMAN(デーリィマン)」という北海道協同組合通信社が発行している酪農関係の雑誌でした。

だから松本七海さんは酪農ガールと呼ばれているんですね!

他にも農林水産省の牛乳を積極的な消費を呼びかける「プラスワンプロジェクト」にも登場しています。

松本七海
出典:農林水産省

 

松本七海さんは、子どもの頃から動物が大好きだったことがきっかけで酪農ガールへの道に進みました。

一体どんな高校に通っていたのでしょうか。

 

調べてみたら松本七海さんは、神奈川県立相原高校に進学し、畜産科学科を卒業していました。

相原高校は、今度リニア新幹線が通る神奈川県相模原市の橋本駅の目の前にあった、駅前高校なのに畜産科がある非常に珍しい高校です(リニア工事のため現在は移転)。

松本七海
出典:全農

 

高校で牛が大好きになった松本七海さんは、高校卒業後の2018年に平塚市片倉牧場に正社員として入社しました。

なんと松本七海さん、牛の人工授精が出来る人工授精師の国家資格まで持っているんです!

そのような資格があることを今はじめて知りました!

まだ20代前半と若いのにすごいですね!

そんな松本七海さんの今後の夢は、神奈川県内に牧場を持つことなんだそうです。

松本七海さんが経営する牧場、いつか遊びに行ってみたいですね!

 

スポンサーリンク

松本七海が就職した片倉牧場(平塚市)とは?

酪農ガール松本七海さんは、現在神奈川県平塚市にある片倉牧場で働いています。

神奈川県に牧場があるイメージがあまりなかったのですが、調べてみると意外とあるんですね!

片倉牧場は住宅街の間の畑に囲まれているんだそうです。

目印はコンビにチェーンのデイリーヤマザキなんだとか!

コンビにが目印だなんて、本当に住宅街に近い場所にあるんですね。

牧場は広い場所にあって、入口がわかりづらいイメージもありますが、デイリーヤマザキが目印ならわかりやすそうです!

片倉牧場
出典:Google Map

 

片倉牧場は、ホルスタインやジャージー牛をメインに飼育しています。

他にもやぎやポニー、鶏もいるんですよ!

片倉牧場には近所の子どもたちもよく見学にきているみたいです。

住んでいるところの近所にこんな牧場があったら、絶対頻繁に遊びに行っちゃいますよね!

松本七海さんも小さいころから生き物が大好きだったそうなので、片倉牧場に遊びに来ている子どもたちの中からも、将来の酪農ガールが誕生するかもしれませんね!

 

そんな片倉牧場で働く松本七海さんのお仕事は、90頭近くいる牛のお世話全般だそうです。

松本七海さんは、牛の元気な姿を眺めるだけで幸せなんだとインタビューで語っていました。

牛のお世話をしている松本七海さん、片倉牧場でのお仕事は天職なんですね!

 

スポンサーリンク

濃厚牛乳ジェラートが大人気!食べられる『あさつゆ広場』とは?

酪農ガール松本七海さんが働いている神奈川県平塚市にある片倉牧場

社長の片倉幸一さんは平塚市内の若手酪農家の集まりである「角笛会」の前会長を務めていました。

今回片倉牧場を調べていて初めて知ったのですが、生乳は生産者が直売出来ないんだとか。

野菜は生産者が直売も行っているイメージがあるのですが、生乳は工場での加工が必要になってくるので生産者が直接販売することが出来ないんだそうです。

そこで、片倉幸一や角笛会のメンバーがJA湘南の農産物直売所である「あさつゆ広場」で地場産のジェラート販売をするべく、保健所と協議を重ねてきたそうです。

その結果、現在「あさつゆ広場」に隣接する「あさつゆ工房」では、神奈川県産の牛乳を使用したジェラートソフトクリームなどを販売しています。

あさつゆ広場
出典:twitter

あさつゆ広場」は平塚市にある「とれたての新鮮でみずみずしい農産物が集まる、生産者と消費者の交流の場」です。

安全な品質を保持するために試行錯誤を重ねてきた角笛会のメンバーの努力のおかげで、「あさつゆ工房」で美味しい地元・平塚産の牛乳を使用したジェラートを食べられるんですね!

私は牧場でソフトクリームを食べることが大好きなので、ぜひとも「あさつゆ工房」に行ってジェラートを食べたいと思います!

 

あさつゆ広場
出典:twitter

 

現在は角笛会のメンバーが毎日日替わりで自分の牧場で絞った生乳を納品しているそうなんです。

なんと片倉牧場のジャージー牛だけの牛乳を使ったジェラートが食べられるんです!

日替わりという事は、毎日通ったとしても毎日違ったジェラートを楽しめるという事なんですね!

地元に住んでいる人がうらやましいです。

他にも地場産のかぼちゃや枝豆、ラズベリー、ブルーベリー、トマトなどのフレーバーも季節ごとに登場するんだとか。

何度も足を運んで、色々な味のジェラートを楽しみたいですね。

 

若くして実家の福島県の温泉を継いだギャルの生き様とは?

聖石温泉(福島県田村市)のギャル女将”めいめい” 〇〇がギャルらしくない?【激レアさん】
『温泉のギャル女将』と聞いて、どんな女将を想像しますか? 厚底サンダル、肌黒、どぎついメイク…。 これまでのギャルの歴史を辿ると様々な想像をしてしまいますが、なんと福島県田村市にある「聖石温泉」には『ギャル女将・めいめいさん』が...

 

スポンサーリンク

まとめ

平塚市片倉牧場で働く酪農ガール松本七海さんを紹介しました。

・松本七海さんは「幸せ!ボンビーガール」に出演した

・北海道協同組合通信社が発行している酪農関係の雑誌「DAIRYMAN」のカバーガールを務めたことがある

・神奈川県立相原高校畜産科学科を卒業

・牛の人工授精が出来る人工授精師の国家資格を取得している

・松本七海さんが働いている片倉牧場は、ホルスタインやジャージー牛をメインに飼育している

・JA湘南の農産物直売所「あさつゆ広場」では片倉牧場のジャージー牛の牛乳を使ったジェラートが楽しめる

酪農ってきつくてつらいイメージのあるお仕事でしたが、こんなに可愛い子が頑張って働いているなんて驚きました。

松本七海さんが生き物が大好きだから続けられるんですよね。

松本七海さんが育てたジャージー牛のジェラート、いつか食べてみたいです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました